オープン オフィス ダウンロードして仕事の環境を整えましょう!!

オープン オフィス ダウンロード

オープン オフィスをダウンロードしてワードやエクセルなどと互換性が有る無料のオフィス・ツールが使えます。このオープン オフィスは、無料でダウンロードでき、何の制約も受けずに使うことができオープンオフィスな無料ツールです。このオープンオフィスをダウンロードして使われている企業も多く存在するようになっていると聞いています。

フリー ソフト 紹介(無料ソフト・無料ツール)ご紹介

フリー ソフトでも有料ソフトに遜色ない素晴らしいフリー ソフトが沢山あります。有名、無名を問わず多くの方に支持されている無料なフリー ソフトですが、まだ知らない方への紹介とフリー ソフトのダウンロードの仕方や使い方などを写真などを交えて便利なフリー ソフトの紹介をして行きたいと思います。



オープン オフィスをダウンロード

フリーソフトのオープン オフィスをダウンロードする方法を説明します。オープン オフィスのダウンロードは公式サイトだと(http://www.sun.com/)ですがややっこしいので、http://www.forest.impress.co.jp/lib/offc/document/offcsuite/openoffice.html からダウンロードなら比較的楽で安心です。オープン オフィスのダウンロードは、日本語対応なので心配いりません。

日本ではOpenOffice.orgという名で窓の杜でも入手できるので嬉しいですね。
最新の日本語版は、v2.3.1で109MBとpenOffice.org(Javaランタイム付属版):v2.3.1で122MBの二種類があります。

オープン オフィスをダウンロードする場合には、どちらを選ばれても良いのですが、どうせならpenOffice.org(Javaランタイム付属版)をダウンロードしてください。

OpenOffice.org(Javaランタイム付属版)なら「Microsoft Office」互換のフリーのオフィス統合環境が構築できるので安心です。ただし、パソコンが古い場合、旧バージョンでないと不具合がおきるかもしれません。

オープン オフィスのダウンロード後、当然ですが、更新チェックすると常に新しいバージョンを無料で使えます。

 

カテゴリ:オープン オフィス ダウンロード


オープン オフィスの公式サイト

オープン オフィスの本家公式サイトは、http://www.sun.com/software/star/openoffice/です。
オープン オフィスの日本語版は、http://ja.openoffice.org/です。
オープン オフィスのダウンロードは、簡単なオープン オフィスのダウンロードからどうぞ。

オープン オフィスをダウンロードしたらインストール

オープン オフィスはダウンロードしても、ZIP形式のファイルを解凍しないとインストール出来ません。
解凍用ソフトが無い場合は人気の高いこちらをおすすめします。
解凍すると下記のexeファイルが現れます。
OOo_2.3.1_Win32Intel_install_wJRE_ja.exe
OOo_2.3.1_Win32Intel_install_wJRE_ja.exeをダブルクリックするとインストールが始まります。


[展開]を押します。

オープンオフィス(フォルダ選択)△TOP

[次へ]をクリックします。

オープンオフィスへようこそ △TOP

ライセンス条項です。
必ず「同意します」にチェックを入れて下さいね(●^o^●)
[次へ]をクリックしてください。
ユーザー情報です。
ユザー名や所属の項を埋めてください。
その際、WEB名などでも大丈夫です。
登録ユーザか全てのPCユーザの使用かをチェックして、
[次へ]をクリックしてください。

オープンオフィス(ユーザ情報)△TOP

「セットアップの種類」では、「全て」をチェックして、
[次へ]をクリックしてください。

オープンオフィス(セットアップの種類)△TOP

ファイルの種類
ここでは、全ての項目にチェックしてくだい。
(注意書きがありますので、該当する場合には、チェックを付けない)
[次へ]をクリックしてください。

オープンオフィス(ファイルの種類)△TOP

ここで初めて「プログラムインストールの準備完了」になります。
[インストール]をクリックしてください。

プログラムインストールの準備完了△TOP

オープン オフィスのインストールが始まります。

オープンオフィスのインストール中△TOP

インストール終了
「instolウェザードを完了しました」と表示されます。
[完了]をクリックしてください。

オープンオフィス(instolウェザード完了)△TOP

最後に「OpenOffice.org2.3をダウンロードしていただき、ありがとうございます。」
と表示されるんですが、実はこれからインストールが始まるんです。
まだ、この段階では使えません。
この次の[次へ]をクリックして始めてインストールを開始します。


オープンオフィスのインストール

ここから、オープン オフィスのインストールが始まります。ダウンロードに長い時間がかかりましたが、インストールにも長い時間を要します。オープン オフィスを快適にパソコンで使えるのですからインストールに掛かる時間も一時の楽しみですね。
オープンオフィスは、多機能なオフィス用のワードやエクセルなどと同等で操作性の良い使い勝手の良さが魅力的な、しかも無料でこれだけの充実した機能を併せ持った素晴らしいツールです。

「次へ」をクリックするとしばらくすると、下記の写真のようなアイコンが出現します。

インストールアイコン

上のアイコンをクリックすると下記のようなインストールの始まり画面が表示されます。

OpenOffice.org2.3オープニング画面△TOP

「次へ」をクリックするとオープン オフィスのインストールが始まります。

OpenOffice.org2.3をダウンロードしていただき、ありがとうございます。
インストールの準備作業として、インストールファイルを解凍し、ハードディスクにコピーする必要があります。これが終わると、OpenOffice.orgのインストールが自動的に開始します。

『次へ』をクリックし、続行してください。

フォルダを選択△TOP

フォルダを選択
解凍したファイルを保存するフォルダを選択します。
通常は、このままで「展開」をクリックしますが、必要により「参照」からフォルダを選んでください。
「展開」をクリックすると直ちにインストールが始まり、幾つかのステップでページが表示されます。
最後に「ライセンス条項」が表示されますので「使用許諾契約の条項に同意します」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

ライセンス条項△TOP

「使用許諾契約の条項に同意します」にチェックを入れて「次へ」をクリックしますが、まさか「同意しません」にチェックを入れる人もいないと思います。

次の流れとして「ユーザ情報」ですが、「ユーザ情報を入れてください。」とでますので「ユーザ名」に貴方のお名前を入力します。私はイニシャルだけにしています。
それから「所属」は、会社でなければ、「個人」と記入して置けばよいでしょう。

ユーザ情報

何か文字が入っていれば、「次へ」がクリックできるよになります。
ユーザ情報を入れたら「次へ」をクリックします。

次は、「セットアップの種類」を選ぶ画面が表示されます。

セットアップの種類△TOP

通常は、「すべて」にチェックを入れてセットアップすれば良いでしょう。
「すべてのプログラム機能をインストールします。(最大のデスク容量を必要とします。)」
カスタムの場合には、「詳しい方を対称としているので知識のある方だけ」です。

「すべて」にチェックし「次へ」をクリックすると下記のような画面が表示されます。

ファイルの種類△TOP

現在、Microsoft WordやMicrosoft ExcelとかMicrosoft Power Pointなどをお使いの場合には、チェックを入れずにインストールします。
何故なら、チェックを入れてインストールするとデフォルトしたアプリケーションになるのでファイルをクリックするとOpeoffice.org2.3が開いてしまいます。
でもどちらにしても弊害はありませんので色々試してみてください。

プログラムインストールの準備完了

インストールの完了ではなく、「インストールの準備完了」ので、これからインストールの本番になります。

「インストール」をクリックします。

OpenOffice.org2.3のインストール△TOP

OpenOffice.org2.3のインストールには時間が掛かりますのでジックリ待ちましょう。
「選択したプログラム機能をインストールしています。」とか出ますので我慢して待ちましょう。

すると下記のような画面が表示されます。

Installウィザードの完了△TOP

「Installウィザードを完了しました」と表示されます。(インストールがInstallになっていますね(ーー;))
Installウィザードは、OpenOffice2.3を正常にインストールしました。「完了」をクリックして、ウィザードを終了してください。

オープンオフィス・ファイルの種類

オープンオフィスのインストールを完了するとどのようなオフィス機能が使えるのでしょうか。
種類は意外と多く、多機能なオフィス用のワードやエクセルだけではなく、パワーポイントなど高額な機能まで無料で付いてきます。

オープン オフィスファイルの種類

ワープロソフト:「OpenOffise.org Writer」ライター
表計算ソフト:「OpenOffise.org Calc」カルク
プレゼンテーション:「OpenOffise.org Impress」インプレス
図形描画:「OpenOffise.org Draw」ドロー
データベースソフト :「OpenOffise.org Base」
数式エディター 「OpenOffise.org Math」
の6つのソフトから構成されています。

OpenOffise.orgの種類△TOP

オープン オフィスをダウンロードしインストールするまで、私も知りませんでした。
パソコンのプルグラムメニューを開いてみてビックリしました。
「ウッウウウッウウソーーーッ」

仕事では、主にMicrosoft社のOfficeを愛用していますが、時々、OpenOffise.orgのソフトも試しています。
機能としては、Office2007等と比べれば、多少少ない気もするのですが、実用上は問題有りません。
ただ気になったのは、OpenOffise.orgからMicrosoft社のOfficeへは落とせてもMicrosoft社のOfficeからは、OpenOffise.orgへは落とせない事ですね。至極、当然なんですが(ーー;)

次回は、ワープロソフト:「OpenOffise.org Writer」ライター機能の掲載を予定しています。

フリー ソフト 紹介(無料ソフト・無料ツール)ご紹介

フリー ソフトでも有料ソフトに遜色ない素晴らしいフリー ソフトが沢山あります。有名、無名を問わず多くの方に支持されている無料なフリー ソフトですが、まだ知らない方への紹介とフリー ソフトのダウンロードの仕方や使い方などを写真などを交えて便利なフリー ソフトの紹介をして行きたいと思います。




NEWS-△TOP

Officeフリーソフトに関するご紹介ページを逸早くお知らせいたします。


当ウェブサイトのプライバシーポリシーと免責事項:管理人へメール

Copyright© オープン オフィス ダウンロード All rights reserved.